白蟻被害の再発に注意

住宅を白蟻被害から守るには定期的な点検が必要になります 住宅を白蟻被害から守るには定期的な点検が必要になります

白蟻が再発する理由

女性作業員

住宅に白蟻が出現した際は白蟻駆除を実施するのが一般的ですが、住宅によっては施工後に白蟻被害が再発してしまうことがあります。しっかりと業者を選び適切な対策を継続することが大事です。

薬剤の効果がなくなった
現在白蟻駆除を行なう際に使用されている薬剤は安全性が重視されているため、従来の薬剤よりも効果の持続期間が短くなっています。薬剤の防蟻効果は5年程度しか続かないので、白蟻被害を防ぐには定期的に施工を繰り返し実施しなければなりません。なぜなら薬剤の効果が切れると住宅に白蟻が住み着いてしまい、木材がボロボロになってしまう可能性が高いからです。そのため白蟻駆除を実施した後は、きちんと定期的に施工を繰り返し実施するようにしましょう。自分で対策することも大事です。
リフォームを行なった
最近は住宅内の環境を改善するために、自宅のリフォームを行なう方が多いです。しかし間違った方法でリフォームを行なうと、それが原因で住宅に白蟻が住み着いてしまう危険性があるので注意しましょう。天井高をとるために床下の高さを下げると床下の風通しが悪くなり、湿気が溜まりやすくなってしまいます。人が入るスペースもなくなってしまい住宅点検も行なえなくなるので、リフォームを行なう際は床下の高さをなるべく高く維持するようにしましょう。
適切な現地調査をしてなかった
リフォームなどを行ないながら白蟻点検を行なう際は、工期の都合によって自宅の調査が省略されてしまうことがあります。しかし、きちんと点検が実施されていないと白蟻被害の発見が遅れてしまい、住宅への被害が増えてしまう可能性が高くなります。ですので、住宅で白蟻による被害が発生しているかもしれないと感じた場合は、入念に住宅を点検してもらいましょう。こうした対応を行なえば、住宅修繕や白蟻駆除にかかる費用を最小限に抑えることができます。
外来種が住宅に侵入した
海外から家具が輸入されるようになっている現在では、アメリカカンザイシロアリによる被害が徐々に増えてきています。アメリカカンザイシロアリは購入した家具に潜んでいることが多いため、床下調査などでは白蟻の存在を確認することはできません。また、放置しておくと家具だけでなく天井や柱などに使用されている木材も食べてしまうので、海外から家具などを購入する際は注意しましょう。日頃から住宅内の点検を行なっていれば、白蟻は早期発見することができます。

再発率が低い業者に白蟻駆除を依頼する

白蟻って頻繁に再発するんですか?
白蟻駆除を行なってから薬剤の効果が持続する期間は5年程度であり、5年以上経過すると白蟻の再発率は徐々に高くなっていきます。保証満了後に10年が経過すると白蟻の発生率は20%近くまで上昇するので気をつけましょう。
再発のリスクを少なくするにはどうすればいいですか?
白蟻被害が再発するのを防ぎたい場合は、5年ごとに点検を実施して住宅の状態を細かく確認するのが最適です。施工保証のある駆除業者に点検を依頼しておけば、保証期間中は無料で白蟻駆除を再度実施してもらうことができます。

TOPボタン