白蟻が発生しやすい住宅の特徴

住宅を白蟻被害から守るには定期的な点検が必要になります 住宅を白蟻被害から守るには定期的な点検が必要になります

白蟻が再発しないように予防策を行なう

被害に遭いやすい家は共通している

木材

木材で作られた住宅は白蟻被害が発生する可能性がとても高いため、住宅が木造の場合はきちんと定期的に点検を実施しなければなりません。また布基礎構造の住宅は床下の通気性が悪く、高さが低いため土壌から白蟻が侵入してくる危険性があります。床下の高さが低かったり湿気が溜まりやすかったりする場合は、リフォームを実施して床下の環境を改善してみましょう。

具体的な白蟻予防策

自分でもできる2つの予防策

風通しを良くする
白蟻は湿気の多い場所を好むため、住宅内の換気をしっかり行なっておけば白蟻の住みにくい環境を維持することが可能です。また換気扇などを取り付けることで床下の風通しを改善しておけば、土壌から白蟻が侵入するのも予防できます。
無駄な木材を処分する
住宅の周辺に不用な木材などが落ちていると、それらを餌に白蟻が繁殖してしまう危険性があります。特に雨が降った後の木材は湿気を含んで柔らかくなっているため、白蟻が発生することが多いです。住宅周辺の木材はきちんと撤去しておきましょう。
市販の防蟻材を使用する
白蟻予防が一般的に行なわれるようになってきた現在では、防蟻剤が手頃な価格で販売されるようになってきました。こうした製品を自宅に設置しておけば、住宅への悪影響を防いで白蟻の活動を邪魔することができます。

定期点検を依頼する

簡単な点検作業ならば個人でも行なうことができますが、住宅で点検作業を行なう際は天井や床下などの場所も入念に調査しなければなりません。個人でこうした場所を調査すると住宅を傷つけてしまったり、点検中に怪我をしたりする可能性があります。住宅の定期点検を行なう場合はなるべく駆除業者に対応を依頼し、大切な住宅を傷つけることなく調査を進めましょう。

TOPボタン